はちみつ専門店「秋田屋」通販サイト。岐阜からはちみつ、ローヤルゼリー、プロポリスを皆様にお届けします。

秋田屋について


秋田屋について

みつばちのチカラを人の力へ

秋田屋本店は1804年(文化元年)に初代、中村源治郎が材木商を開いたのがはじまりです。
銘木「秋田杉」の取り扱いをしてきたことから、屋号を「秋田屋」とし、現在の社名になりました。
その後、秋田杉を使った巣箱など、養蜂器具の製造を手掛けたことがきっかけで、6代目中村源治郎は1887年(明治20年)に養蜂部を創設。
岐阜県は近代養蜂発祥の地と呼ばれるほど、養蜂業が盛んであったこともあり、その後も現在に至る百十余年もの間、ミツバチの生態から学び、信頼の高い確かな品質の製品を製造し続けてきました。

養蜂部創設当時の看板

また、養蜂部では岐阜県内に養蜂場を設け、豊かな自然の中でミツバチを飼育し、はちみつの採取を行うほか、全国各地の養蜂家様から貴重な国産はちみつの買い付けを行っておりますローヤルゼリーに関しても、昭和30年代、ローヤルゼリーが日本に紹介されると同時に生産を開始し、秋田屋本店の医薬品部門として設立された日本養蜂株式会社では昭和38年に国内で初めて生ローヤルゼリーの医薬品製造承認を取得し、GMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理に関する基準)に適合した製造・品質管理を行っております。

岐阜県内の養蜂場

最近では健康ブームも手伝って多種多様な製品が出回り、消費者の皆様はどれを選べばいいのか迷われることも多いかと思います。そんな時代だからこそ、当社では安心・安全で高品質な本物の製品作りを行わなければならないと肝に命じています。
これからもミツバチが集めた自然からの貴重な恵みを無駄にせず、老舗養蜂問屋としての歴史と伝統を引き継ぎ、自信を持って皆様のお役に立てる製品を提供してまいります。

株式会社秋田屋本店 代表取締役 9代目 中村 正

株式会社秋田屋本店
代表取締役 9代目 中村 正

会社概要


株式会社秋田屋本店(英名 AKITAYAHONTEN CO.,LTD.)
会社ホームページはコチラ
〒500-8471 
岐阜県岐阜市加納富士町1-1
TEL:058-272-1221(代表)
代表者 中村 正
事業内容 養蜂全般、食品の製造及び販売、通信販売
創業 1804年
設立 1961年
関連会社 日本養蜂株式会社(医薬品製造・販売部門)
会社沿革
従業員一同と秋田屋本店

店舗のご紹介


岐阜駅南口から、徒歩20分の場所にある秋田屋本店 城南営業所では店頭販売を行っております。
はちみつ/ローヤルゼリー/プロポリス製品のほか、様々な養蜂器具やミツバチも取り扱っております。
お近くにお越しの際はぜひともお越し下さいませ。

〒500-8486 岐阜市加納城南通1丁目18番地
株式会社秋田屋本店 城南事業所
TEL:058-272-1311 営業時間 8:30~17:30 休日 土日祝日

秋田屋本店

品質へのこだわり


安心・安全で高品質な、はちみつ、ローヤルゼリー、プロポリスなどの採取には、第一に農薬などに汚染されていない草花が育つ豊かな自然環境と、そこから蜜を採取し優れた貯蜜力を持つ健康なミツバチが必要です。
その為、秋田屋本店では長年の経験と技術により、健康なミツバチを大切に管理し、育ててきました。それらは「秋田屋系優良種」と呼ばれ、安心・安全なミツバチとして全国の養蜂家の皆様に届けられています。

秋田屋系湯量種

養蜂問屋としてミツバチや巣礎、巣箱を養蜂家の皆様に販売し、そこで採取された生産物を私たちが購入し、製品として全国に販売。同時に使われてきたミツバチの巣を当社で買い取り、ミツロウを溶かしてかため、巣礎を作るというスタイルの継続で、無駄なところはほとんどなく、商品のトレーサビリティは常に明解です。
また、品質管理部門では、原材料検査から最終試験までを自社で行い、厳しく品質をチェックしています。

品質管理部

工程 No1 原料の検査


原料の産地の調査・農薬等使用状況を確認・トレーサビリティの確認・原産国の原料に関する検査報告書の確認・自社にて品質検査の実施等を厳密に行い適合品のみを原料として使用しています。

工程 No2 製造工程の検査


異物除去をはじめ、所定の製造工程の確認検査を実施しています。

工程 No3 出荷前の検査


製品の規格検査の実施、重量チェック及び表示・包容の確認、管理基準に合格した製品の出荷を行っています。

このようにして安心、安全な製品であることを検査で確認しています。

TOP

秋田屋について