みつばちのチカラを人の力へ

プレミアム蜂蜜 THE HONEY ザ・ハニー
※下記の味とDNA分析の結果は2019年産のご紹介となります。結果は毎年異なりますので、参考までにご覧ください。
「圧倒的ボディ感から始まる、 味の3段変化。」

THE HONEYの味を語る上で最も印象的なのは、口に入れた瞬間に感じるどっしりと厚みのある甘さである。
決して重い甘さではなく、厚み(深み)がある奥深い甘さ。これこそが糖度80%以上の本物の証である。
だがその強烈な甘さは序章にすぎない。口いっぱいに広がった甘さは、一呼吸置くとその味が夢だったかのようにスッと消えていく。
それはまるで一緒に食べる食材に主役の座を譲るかのように。
ところがこれで終わらない。 口の中から完全に甘さが消え、主役の座を譲る瞬間、フローラルな花の香りが立ち上がってくるのである。 その香りはまさに主役の食材に花を添えるように、料理に深みと華やかさを加えてくれる。 この残り香は、シングルオリジンの蜂蜜にしか出せない嬉しい副産物であった。


「養蜂家も驚いた希少な蜜との奇跡の配合」

THE HONEYでは蜜源植物を特定するため、日本ではほとんど行われていない蜂蜜のDNA分析を実施。


鑑定結果1:体によい植物の蜜が多い

THE HONEYに含まれる主要な蜜源の1つにクリ属の蜂蜜がある。クリの蜂蜜は、ビタミン・ミネラルなどの栄養素が通常の蜂蜜より多く含まれている。またキハダの蜜や、薬草として使われるニガナの蜜なども含むことは、養蜂のプロも驚く結果であった。


鑑定結果2:奇跡の配合

クリの花から採れた蜂蜜は、クセが強すぎるため、蜜の味としては嫌われることも多い。だが、この蜂蜜がもつ渋みやほろ苦さは、蜂蜜の味を大人の味わいに引き上げてくれる。『どうにかしてこのクセを無くせないか。』これは日本中の養蜂家にとって長らく解決できない問題であった。
その答えは偶然やってきた。
THE HONEYのDNA分析を行う前、クリ属の蜜が入っているとは全く想像していなかった。クリ特有のクセを感じなかったのだ。と同時に、クリの蜜が入っているという結果も素直に受け入れられた。なぜなら、あの強烈な甘みと深みのある味わいは、確かにクリ蜜の特徴だからである。
そして、そのクセを取った秘訣が、シロツメグサ・クロガネモチ・モチノキ属など、爽快感があり、あっさりとした味わいの蜜達だったのである。


このミツバチが創りあげた奇跡の恵みは、今年だけのもの。同じ時期、同じ場所で採った蜂蜜でも味は毎年変わるため、2度と同じ蜜は取れないのである。


「3つのこだわり製法が違いを生む」
●糖度80%以上で採蜜
●蜜蓋がかかってから、さらに熟成
●厳選したミツバチのみで採蜜

ミツバチは生き物。おいしい蜜があれば、その蜜から集め始める。(それでも足りなければ、いろいろな蜜を集めだす) 蜂場いっぱいに巣箱を置けば、たくさんの蜜は集められる。(だけど質は・・・)
巣箱の中の蜜が貯まると、六角形の巣に1つ1つ蓋がされる。 蜜に蓋がかからなくても蜂蜜は取れる。むしろ蓋を取る手間や収穫量を増やそうと思えば、蜜蓋がかからない状態のほうが 採蜜しやすいのだ。(だけど熟成されたおいしさにはならない)


私たちの採蜜は、その年の気候や開花状況・ミツバチの育ち方を見ながら、巣箱の設置数を一番良い蜂蜜が取れる状態に制限・調整。蜜蓋がかかってからさらに1日寝かせることで、蜂蜜の糖度を限界まで高める。
すべては、本物の蜂蜜のために。


「今年の一番だけ。『シングルオリジン』の蜂蜜」

同じ品質のものを大量に作るのではなく一期一会の味を楽しんでもらいたい。それがTHE HONEY開発に込められた想い。


蜂蜜の味は、採る場所や年によって全く違った味になることは知られつつある。だが本当は、蜂蜜の味は採る日や採る巣箱毎に違うのである。
昨日の蜜はすごく出来が良かったのに、今日の蜜はおいしくないなんてことは当たり前によく起こっている。


通常の蜂蜜作りは、大量に販売するためにこれら個性の違う蜜を全てブレンドし、均一で平均的な蜂蜜にするのだ。


THE HONEYの蜂蜜は、一切はちみつをブレンドしない。1缶1缶の個性を最大限残した状態で蜜のテイスティングを行い、その中から今年の一番と呼べるものだけを瓶に詰める。


このシングルオリジンの蜂蜜(1種類の特徴的な蜂蜜)は、花の香り立ちがブレンドした蜂蜜と格段に違う。まさに"料理に華を添える"ための蜂蜜なのである。


「搾りたてのおいしさを届けたい」

野菜や果実に、採れたてのおいしさがあるように、はちみつにも、搾りたてのおいしさがある。
蜂場でしか食べられない、あの搾りたてのおいしさを届けたい。
そんな想いを実現するため、採蜜後すぐに、16℃に温度管理された保管庫に輸送。(※16~25℃がはちみつの酵素反応が起こりにくく、結晶化もしにくい温度)
蜂蜜を入れる容器には、遮光性があり、光による品質変化が起こりにくいものを採用。
この温度管理と遮光性により、まるで蜂場で搾りたてのような鮮度とおいしさを実現。
今まで蜂場でしか味わえなかった採れたてのおいしさがここに。


「蜂のすべてを極めた『蜂匠』による蜂蜜」

● 毎年、数百種のはちみつをテイスティング
● 蜂蜜の質を左右するミツバチの育成・選定


良質な蜂蜜は、良質なミツバチから。
そんな想いを胸に、ミツバチを育て、採蜜を行う『蜂匠』。


1年の中で蜂蜜を集めるのは最後の最後。
蜂蜜作りは、ミツバチを育てている期間のほうがはるかに長い。
ミツバチに愛情をかけ、1年の照準を採蜜に合わせ、おいしい蜂蜜を採れるミツバチに育て上げる。


そんな大切に育てたミツバチが集めるティースプーン1杯分の蜜を、彼らは大切な贈りものとしていただく。


その貴重さを知っているからこそ、味の選定には妥協がない。
年間1000種以上のはちみつを、『選定のプロとして』食べ比べる彼らの舌は、職人の名にふさわしく繊細な違いをも感じ取る。


「蜂蜜の本場」で採る

近代養蜂発祥の地『岐阜』。
花の開花に合わせて全国を飛び回る養蜂家にとって日本の中心に位置する岐阜は、活動の中継地点として便利なこともあり、昔から多くの蜂蜜や採蜜に関する情報が集まる。


また、森林率が81%と高く、ミツバチにとっても快適に過ごすことができる環境が整っており、良質な蜂蜜が取れる一因となっている。


そんな岐阜の中でも人口わずか137人(2018年時点)。今でも原生林が広がる自然豊かな佐野地区で採蜜を行う。
蜂場だけでなく、蜜源となる地域全体に、自然のままの環境が残っている。


ミツバチたちの楽園が、そこにはあるのだ。



「『蜂蜜の本場』で採る」

● DNA検査による蜜源植物の特定(どんな花の蜜が入っているのかを遺伝子レベルで分析・特定)
● 医薬品品質の製造管理を行うGMP適合工場でビン詰め
● 残留農薬テスト


当たり前の話ですが、蜂蜜はミツバチが自然の中を飛び回って集めるもの。
どこの蜜を集めてきたかは、ミツバチにしかわからない。
だからこそ、安心安全には細心の注意を。
秋田屋では安心安全への取り組みとして、通常の蜂蜜では行わない厳しい品質管理を行い、その品質を守っています。



「秋田屋について」
「アフターケア」

THE HONEYで使用している蜂蜜は、100%純粋の蜂蜜です。
そのため、蜂蜜中にもともと含まれる微細な物質(100μ以下)や栄養素である花粉などの微量成分が核となり、蜂蜜が結晶することがあります。
結晶化した蜂蜜は、湯煎により融解することはできますが、60℃以上の高温に長時間さらされることにより、蜂蜜本来の風味や栄養素が一部分解されてしまいます。
もし風味や栄養素の変化を避けたい場合は、弊社にお送りいただければ、可能な限り低温にて融解し、返送させていただきます。


返送先:株式会社秋田屋本店 本社
岐阜県岐阜市加納富士町1丁目1番地
電話:058-272-1221


※送料は弊社にて負担致します。着払いで発送をお願い致します。
※商品をお送りいただく際は、お手数ですが、瓶が割れないよう厳重に梱包してください弊社到着時の瓶の割れについては、保証致しかねます。


★他商品と一緒に梱包することはできませんのでご了承ください。
★純粋の蜂蜜は結晶することがあります。容器の特性上、ご家庭で溶かすことが難しい場合は、上記アフターサービスをご活用ください。
プレミアムはちみつTHE HONEY 熨斗包装

2020年産は完売致しました。次回の予約開始は2021年秋頃を予定しております。

秋田屋の自社養蜂場で「蜂匠」が作り出すプレミアムなはちみつ THE HONEY(ザ ハニー)

販売価格 ¥ 13,000 税込
[ 120 ポイント進呈 ]
販売期間
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
名称 蜂蜜(はちみつ)
原材料名 はちみつ(国産)
内容量 1,000g
賞味期限 6か月以上期限が残っているものをお届けします。
保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください。
販売者 株式会社秋田屋本店
製造者 株式会社秋田屋本店
使用上の注意 はちみつは白く結晶することがありますが、特性によるものですので品質には問題ありません。
本品ははちみつですので、1歳未満の乳児には与えないでください。