はちみつ専門店「秋田屋」通販サイト。岐阜からはちみつ、ローヤルゼリー、プロポリスを皆様にお届けします。

乳児にはちみつを与えてはいけない理由


なぜ乳児にはちみつを与えてはいけないのか


 はちみつはビタミンやミネラルなども含み、消化のよい食べ物としてどの世代の方にも人気があります。はちみつに含まれる栄養素は子供に食べさせると発育を良くするなどの研究が世界各国で行われており、その研究成果が発表されています。 しかし、一般的にはちみつには「1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください」という注意書きが見られます。これはボツリヌス菌という菌がはちみつに含まれる可能性がある為です。 この病気の原因となるボツリヌス菌は空気が苦手な嫌気菌で、主に土の中に住んでいます。私たちのまわりにも泥や風に運ばれて存在はしていますが、通常は空気を避けるために殻を被った形(芽胞)を保ち、活動を休止しています。はちみつは天然の食材なのでボツリヌス菌の混入はごくまれに起こります。 離乳期が過ぎた1歳以上の幼児やの大人の口からボツリヌス菌が体内に入ったとしても、ビフィズス菌など多くの腸内細菌が増え、抵抗力が上がっているので、体に影響はなく、そのまま体外へ排出されていきます。 偶然にもボツリヌス菌が混入してしまったはちみつをまだ腸内の細菌が整っていない菌に対する抵抗力の無い一歳未満の乳児が食べると、腸内でボツリヌス菌が発芽し、乳児ボツリヌス症が起こります。発症すると、四肢が麻痺するといった症状がみられることもあります。 ですから、1歳未満の乳児には、はちみつを食べさせないように、気をつけてください。 1歳以上の幼児から高齢者までには全く問題がなく、妊娠中や授乳期の方も同様に安心してはちみつをお召し上がり頂けます。

関連商品




TOP

秋田屋について