はちみつ専門店「秋田屋」通販サイト。岐阜からはちみつ、ローヤルゼリー、プロポリスを皆様にお届けします。

秋田屋のプロポリスについて


秋田屋では、ブラジルのミナス・ジェライス州で採取されたグリーン系プロポリスを使用しています。

プロポリスは世界各地で採取されており、国や地域によって種類が分かれます。抽出した液を比較すると、色や香りも違いますし、含まれる成分も異なります。
その理由として、①周囲の起源植物の種類、②プロポリスを採取するミツバチの種類、等が考えられています。
プロポリスはミツバチが周りの植物から集めた樹液、浸出液をもとに作られるので、周りの起源植物によって成分に差が生まれ、品質に違いが出るのです。




秋田屋では30年以上に亘って、様々なプロポリスの研究を行ってきました。
各国で採取したプロポリスのエタノール抽出液の液クロパターンを見ると、ブラジル産は他の国とは異なるパターンを示すことが分かりました。
そのことから、ブラジルのミナス・ジェライス州のグリーン系プロポリスに限定し、品質の同じ原料をもとに製造を行っています。このプロポリスアフリカ系ミツバチが集めるもので、アレクリン・ド・カンポというキク科の植物を起源植物としています。抗酸化作用のある特有のアルテピリンCという桂皮酸誘導体が多く含まれています。


プロポリス製品は品質のレベルや含有量などさまざまな要件により異なるため、一概には言えませんが、当社では安心・安全な、お客様の健康に役立つ製品を目指し、原料選び、品質管理を行っております。


秋田屋がプロポリスの研究を始めるきっかけとなったのは、昭和60年(1985年)に、名古屋で開催された第30回国際養蜂会議です。弊社はミツバチ治療学分科会で「医薬品ローヤルゼリーの品質規格について」というテーマで発表しましたが、その際、プロポリスの効果に関するいくつかの発表があり、大きな関心が集まりました。


同時に、弊社もプロポリスに強く惹かれ研究を始めるきっかけになりました。その後30年以上に亘って、プロポリスの研究に取り組んでいます。プロポリスの抗酸化作用に注目し、主に急性肝炎や糖尿病、ストレスによる胃粘膜障害、肝障害、また、肝・胆道障害に対する予防効果について研究を重ねてきました。さらに、大学との共同研究で、ブラジル産プロポリス中の成分に、核内受容体であるレチノイドXレセプター(RXR)のアゴニスト活性があることを見出し、その活性本体がドルパニンであることを明らかにしました。そして、2016年4月15日に「レチノイドX受容体アゴニスト剤」として特許登録しています。

<研究論文>


■芳香性プロポリスの血圧降下作用

プロポリスは同じブラジル産でも産地により、色、香りや成分等に差異が生じることがわかった。また、芳香性を有するブラジル産プロポリス溶液の香りによって、血圧が低下して安定していた。香りの効用の可能性について調べた。

■四塩化炭素投与により誘導されるマウス急性肝炎及びストレプトゾトシン投与により誘導されるマウス糖尿病に対するプロポリスの保護効果

プロポリスには過酸化脂質の生成抑制効果が見られる。マウスを使ったin vivo (生体内)の実験で、急性肝炎を引き起こす四塩化炭素を投与すると、あらかじめ、食餌としてプロポリスを摂取させたマウスでは、生体内の過酸化脂質の生成が抑制され、急性肝炎が抑えられることを明らかにした。
また、糖尿病を惹起するストレプトゾトシンを投与した場合、あらかじめ、プロポリスを食べさせたマウスでは、同様に生体内の過酸化脂質の生成が抑えられ、糖尿病の発症が抑えられることを明らかにした。

■マウス肝炎及び糖尿病に対するプロポリスの用量依存的効果

急性肝炎及び糖尿病を誘発させたマウスに、プロポリス量を変えて投与すると、プロポリスの添加量に応じて、過酸化脂質の生成抑制効果が高まった。また、急性肝炎及び糖尿病の発症もプロポリスの添加量に応じて抑えられた。

プロポリスの抗酸化作用とう蝕予防効果について ―in vivo の実験から―

日本プロポリス協議会講演会特別講演の講演内容。プロポリスは、強い抗酸化作用を示し、う蝕(虫歯)予防効果が明らかとなった。

■ストレス負荷時のラット胃粘膜傷害に対するブラジル産プロポリス抽出液の予防効果 
  酸化ストレスマーカーによる評価

酸化ストレスマーカーを用いて、ストレス負荷ラットの胃粘膜傷害に対するブラジル産プロポリスの予防効果を評価した。ブラジル産プロポリスを前投与(経口投与)すると、ストレス負荷により惹起された胃粘膜傷害が改善された。プロポリスは、ストレス負荷ラット胃粘膜における酸化傷害に対して、抗酸化作用を介して予防効果を発揮することが示唆された。

■水浸拘束ストレス負荷ラットの肝臓の酸化障害に対するブラジル産プロポリスの予防効果

ストレス負荷により肝障害が惹起され、ブラジル産プロポリスを投与すると、肝障害に対して予防効果を示すことが明らかとなった。酸化ストレスや炎症に関するバイオマーカーの測定を行った結果、ブラジル産プロポリスは、肝臓における酸化障害に対し、抗酸化作用と抗炎症作用を介して予防効果を発揮することが明らかとなった。

■ブラジル産プロポリスの実験的肝・胆道障害に対する予防効果

ブラジル産プロポリスの実験的肝・胆道障害に対する予防効果をビタミンEの効果と比較検討した。ブラジル産プロポリスは、ビタミンEと同様、α-ナフチルイソチオシアネート(ANIT)で誘導された肝・胆道障害に対して、予防効果を発揮することが確認された。その予防効果は、抗酸化作用、好中球浸潤抑制作用、抗アポトーシス作用などを介していることが示唆された。

■ストレス負荷時のラット胃粘膜傷害に対するブラジル産プロポリス抽出液の連続前投与による予防効果

ストレス負荷時のラット胃粘膜障害に対し、ブラジル産プロポリス抽出液を連続前投与した場合と、単回前投与した場合で比較した。酸化ストレスマーカーを用いて予防効果を評価した結果、連続前投与した方が単回前投与した場合に比べ、より効果を発揮した。

関連商品




TOP

秋田屋について