みつばちのチカラを人の力へ

蜜蝋(ミツロウ)とは?

 

蜜蝋(ミツロウ)は、ミツバチが六角形の巣を作る材料として、働き蜂の腹部にある分泌腺から分泌するロウのことです。ミツバチの巣から得られたものを溶かして固め、ブロック状にしたもので、別名ビーズワックス又はビースワックス(Beeswax)とも呼ばれます。

IMG_0807

↑ミツロウの塊

羽化後、12~14日を過ぎた働き蜂は、はちみつや花粉を食べながら、お腹にあるろう腺からミツロウを分泌し、巣を作るのです。 主成分はワックスエステル(パルミチン酸ミリシルなど)で優れた保湿性と光沢があり、化粧品にも使われています。

蜜蝋(ミツロウ)の色は淡黄色、濃黄色、黄橙色、茶色など様々で、ミツバチの巣によって異なります。 蜜蝋(ミツロウ)は主に、床ワックス、革製品のメンテナンス、ろうそく、クレヨンの材料として使われています。

_W8V9859

また、蜜蝋(ミツロウ)の成分には保湿性があるので、リップクリームやハンドクリーム、化粧品の材料にも使われています。